<< 嶺ちゃんおたおめー♪ | main |

140字まとめー♪ その7

0
    またまた140字まとめー♪

    * * *

    藍春で『死ぬまでの君を全てください』
    眠るキミの顔を見て、
    この瞬間がいつまでも続けばいいのにと思う反面、
    不安にもなる。
    誰にも等しく流れる時間は、
    ボクにはどうにもならないコトの一つだ。
    ずっと、と思うけれど、今日の寝顔も昨日の寝顔も、
    明日の寝顔だってボクは覚えていられるんだから、
    実はボクはすごく幸せモノなのかもしれない。

    * * *

    藍春で『時間稼ぎ』
    「ちょっと待ってください!」
    キミの手がキミとボクの間を阻む。
    「ちょっとって?」
    「ちょっとは、ちょっとです」
    「もうちょっと経ったんじゃない?」
    「まだもうちょっとです…」
    真っ赤な顔を背ける、キミのちょっとは長いと思う。
    「まだ?」
    「まだです」
    「そう」
    ボクは目の前の手のひらにキスをした。

    * * *

    藍春で『カーテンコール』
    名残惜しく振り返れば、空っぽになった舞台。
    「お疲れ様でした!」
    袖で迎えてくれた笑顔が、ボクの手を取った。
    されるがままに回れ右。
    「?」
    「皆さん待ってますよ、先輩!ご挨拶どうぞ!」
    背中を押してくれたのはキミ。
    呼んでくれたのは拍手と歓声。
    「行ってくる!」
    ボクはまた、光の中へ飛び出した。
    posted by: 矢藤 亨 | 書き書き… | 23:10 | - | - | - | - |