<< 140字まとめー♪ その3 | main | 140字まとめー♪ その5 >>

140字まとめー♪ その4

0
    140字まとめー♪

       * * *

    藍春で『サービストーク』
    「可愛いトコ?」
    「そう!アイアイにしか見せない可愛いトコ、嶺ちゃんにも教えてよーう!」
    レイジがそう言ったから話してるのに、
    話し始めたらあっという間に苦笑いになった。
    「なんなの?聞いてきたから話してるのに?
    ボクこれでもサービスして話してるんだよ?」
    「アイアイこれただの苦行でした…」

       * * *

    藍春で『夢だったらよかったのに』
    このまま目を閉じてしまえば、もうキミに会えなくなるのは分かってる。
    キミの顔、キミの声、キミの体温。
    全てを記憶したくて、ボクは必死に残り時間を計算してる。
    ボクに一欠片も残らなくても、
    キミの中にボクが残るように笑ってみせよう。
    歓声が、夢じゃなくてよかったと教えてくれる。
    でも、神様…、

       * * *

    藍春で『No thank you』
    「先輩」
    「先輩」
    キミが何かにつけてボクの世話を焼こうとする。
    「なんなの、もう」
    悪い気はしない、でも。
    「ボク、キミの先輩なんだよ?」
    「でも、先輩のために何かしたくって」
    はにかんだキミにそれ以上言えなくなる。
    「キミがそうしたいなら、まぁ、別にいいけど…」
    悪い気がするわけがない、よね。
    posted by: 矢藤 亨 | 書き書き… | 00:57 | - | - | - | - |